旅だったり、日々のつぶやきだったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by izu
 
[スポンサー広告
デンマーク住民になる
あ、って言ってもデンマーク人と
結婚するわけじゃないですよ。

今さらですが諸手続きについて
ちょっと書いておこうかと思いまして。


デンマークの福祉ってば
一時滞在の外国人に対しても手厚いんです。


デンマークに到着したら
まずやるべきこと。

それは住民登録!
住民登録を行うことでCPRナンバーと呼ばれる個人番号が発行され
イエローカードと呼ばれる健康カードを受け取ることができます。


そのカードを持っていれば
デンマーク国内はおろかEU圏内においても
医療費が無料になるという有難いシロモノ。

デンマークの福祉、おそるべし。
本当に手厚いです。

ありがたやー。



以下が住民登録についての詳細です。




住民登録・健康カード

デンマークの滞在・就労許可を取得した方は、
取得日から3ヶ月以内または、在住地への滞在を完了した日から5日以内、
に在住地を管轄するの住民登録局( Folkeregisteret )で
住民登録手続及び健康カード(健康保険証)の発給申請を行う必要があります。

住民登録には、旅券(滞在・労働許可入りのもの)を、
また、家族滞在の場合は、さらに、婚姻証明書または出生証明書を係官へ提出する必要があります。
登録が完了しますと、個人番号(CPRナンバー)が付与されます。


健康カードは、外交官を除いて、デンマークに在住する全ての人に発行され、
海外旅行のほか、病院、図書館、銀行などでの各種手続きの際に携帯します。

また、このカードは病院、一般開業医、専門医、歯科開業医、
物理療法士、足療法院、脊柱指圧師、薬局などでの診察費用の全額、
又は一部公的補助を受けるための証明になります。

なお、補助の適用範囲については、細かく定められており、下記の事務当局への照会をお勧めします。


在デンマーク日本大使館より抜粋




んまぁ。

改めて、なんて手厚い福祉・・。
デンマークに一文ならぬ1クローナも税金を納めていない私なのに
こんなに優しくしてもらっていいんでしょうか。

デンマーク、懐がでかい。



CPRナンバーの申請には
市民サービスセンターまで出向く必要があります。

私の住む町は最寄の街、Viborgの管轄内。
授業の後にバスに乗ってViborgまで行かなければなりません。



ちなみにサービスセンターのの受付時間は

【月・火・水】午前8時30分~午後2時30分

【木】午前8時30分~午後5時30分

【金】午前8時30分~午後1時







むーん。


授業の後の休み時間に行くのであれば
木曜日しかムリだわー。


その事実に気づいたのは学校に到着してから
5日後。


なお、CPRナンバーの申請は
”デンマークでの在住地への滞在を完了した日から5日以内”
と規定されております。


ま、間に合わん。


次の木曜日を待っていたら
サービスセンターに行けるのは10日後です。


でもまぁ、事情を話せばきっと大丈夫でしょー。
とタカをくくって次の木曜日を待ち
日本人生徒みんなでViborgへ。


Kommuneと呼ばれる市民サービスセンターは
Viborgの大聖堂の近くの旧市街の中にあります。

レンガ造りの素敵な街並みの中にあるKommune
は床も壁も木製で日本の市役所のイメージとは大違い。

こんなところで働けたら
公務員のひとたちも心安らぐだろうなーという空間でした。

素敵な家具の居並ぶ待合室には
こどもたち用のレゴセットも置いてあって
さっすがデンマーク!


手続きはとってもスムーズで
滞在許可付きのパスポートと在住地の住所さえあればOK。


簡単な書類に
基本的な情報を書き込んで
最後にかかりつけのお医者さんを選ぶだけ。
最寄のお医者さんを係の人が選んでくれます。


さらにここViborgのKommuneに関しては
管轄内の学校に日本人が在籍していることを把握しているので
たとえ住所を持っていくのを忘れても
係の人が学校の住所を書き込んでくれたそうな。

至れり付くせりです。

ちなみに”デンマークでの在住地への滞在を完了した日から5日以内”
については特に突っ込まれもせず問題なしでした。

最後に
「カードは2週間後に届くけど今すぐCPRナンバーだけ発行することもできるよ~」
と言われたのでナンバーを発行してもらうことに。


その場で書類をプリントアウトして手渡してくれました。



まさか即日発行できるなんて驚き。



日本に比べれば
物も少なかったり
湯船もなかったり
お店の営業時間も短いんだろうけれど
それでもじゅうぶん。



Kommuneの受付時間も短くて
私のスケジュールだと木曜日にしか時間内に行けないけれど
その分計画をしっかり立てて動くから逆に効率がいい。


一度街に出るときにいくつも用事を済ませよう、
ということになるから
経済的にも環境的にもエコ。


だらしなーい私は
便利な日本だと
”まぁいっかー。いつでも開いてるし明日いこー”
ということになってしまうので。


あ、ちなみに今後この学校へ通う人向けのニッチなお得情報を少し。

学校からViborgへバスで行くときには
Klippekort(回数券)がお勧め。

バス乗車時、回数券に日付と時間を刻印するシステムなので
同時に乗車するのであればお友達とのシェアも可能です。

普通に買うと片道26クローナ(約500円。20分弱のバスなのに。高い・・)ですが
10回分の回数券で165クローナ。
すなわち片道16.5クローナに!

これだけでも随分お得ですが
最初の刻印から一時間以内であればチケットは有効なので
一時間以内に復路のバスに乗るのであれば
往路は刻印する必要なし!


つまり通常往復52クローナのところ
往復16,5クローナになっちゃうわけです。


なんだこの割引率!

ご活用くださいませ。


そんなこんなで申請したCPRナンバーとイエローカードですが
イエローカードはなんと1週間ちょっとで到着。


2週間くらいって言ってたのに!
やるな、Kommune。



こんなに簡単な手続きだけで
残りのデンマーク生活の医療費は無料だなんて。



もうこれから
デンマークに足を向けては眠れません~


スポンサーサイト
Posted by izu
comment:4   trackback:0
[[デン生活・手続き]住民番号申請
ショックな出来事
ここでの生活は毎日楽しいけれど
そんな中でも悩みがあって。


こないだ起きたショックな出来事。




その日は日本食パーティーの日。
巻き寿司に始まりからあげやらなすの香味漬けやら
日本人みんなで料理の準備。

おいしい食事が終わって
後片付けをしていたときのこと。

揚げ物に使った油をどうしたものか。


まだ一度しか使ってないし、捨てるのは勿体無い。


普段自分で個人的に料理するときには
揚げ物用でも油は残さないよう
ごく少量で揚げ焼きをする。


でも、学校の台所は業務用の本格的キッチンで
大人数用の食事だったので通常量の油をみんなで使用したから
かなりの量の油が残ってしまった。


私達が台所を使うのはキッチンスタッフのいない週末のみ。

明日からはまたキッチンの人がやってきて台所を使う。


だから正しい形で処理をしておかないと
キッチンスタッフに迷惑がかかってしまう。

だから勿体無いけど処理しなきゃね、ということに。


そこでその場に居た、学校の先生に
「この油、どうしたらいいかなぁ?」

と尋ねてみた。


すると。



「ああ、シンクにそのまま捨てていいわよ」














えええええええ!



驚きと憤慨・怒りに近い感情が入り混じって、
感情的になってしまった私。


”No, No!”と
シンクに油を捨てようとしていた先生を制止し
憤りを隠すこともできないまま

「シンクに捨てるなんてあり得ないよ!!信じられない!」
と叫んでしまった。


その先生はとても穏やかでいつも優しい
すごく尊敬できる人で。
だからこそ余計にショックだった。


シンクに油を流すなんて。
しかもそれを教育者が生徒に許可するなんて。


とてもじゃないけど
英語で建設的に話をすることもできず
ただ、動転した自分を隠せないままに
急いで新聞を取りに行き
新聞と牛乳パックで油の処理をしたのでした。


落胆と憤りと悲しさで
先生の顔を見ることも出来ずに作業をしていたら
いつの間にか先生はその場から立ち去っていて。


すごく直接的な言い方をしてしまったことをとても反省したけれど
でも、黙っていることは到底できなかった。


でもその場に居合わせた人達のほとんどは
「そこまで怒らなくても・・
まぁ、びっくりではあるけどさ」
くらいに感じていたように思う。


先生の発言と自分が取ってしまった行動にもショックだったけど
周囲とのその温度差もショックだった。


まぁ、みんなバックグラウンドが違うし
きっと私のそれは少し極端なものだから
先生の発言に対する私の反応は彼女たちにとってきっと過剰だった。

それを周囲のみんなに理解してくれ、というのは
はなから無理な話なのだけれど。







寄宿生の学校に住んでいると
朝から晩までみんなとずーっと一緒の生活。


一緒に勉強してごはんを食べて眠って。



とても楽しい生活なんだけれど
日本の社会生活では覗けないような
お互いの生活やプライベートも共有することになる。


だから余計に価値観のズレがはっきりとすることも多い。


でも生活様式はみんなそれぞれ違うものだから
自分自身の価値観を
他の人に押し付けるべきではないと思っているけど・・。




この油の件がこれまでで一番動転した事件だったけれど
他にもいろいろとひっかかる出来事がたくさんある。


一緒に住んでいる学生さんたちは
20~60歳くらいまでの女性たち。

流動はあるけれども、大抵は
デンマーク人、アイスランド人、クルド人、日本人
あわせて十数人くらいでの生活。


ここで生活していると、
以下のような言葉を耳にすることがある。



「再加熱した残り物の肉なんて食べたくない」



「もうこのトマトは三回食卓に出たからもう捨てなきゃね」



「冷蔵庫の中、昨日の夕飯の残り物ばっかり!そんなの食べたくないから新しいの作ろう」










・・・・・







言葉も出ない。






週末はキッチンスタッフが作ってくれた料理や
ウィークデーの残り物を食べる。
でも残り物と言ってもパスタやハンバーグなど
きちんとした食べ物をキッチンスタッフが綺麗に
盛り付けてくれていて
私達はそれをオーブンで再加熱すればいいだけ。


暖めれば食べられる料理が
冷蔵庫に一品も無かったことなんて一度もない。

そんな状況での、上記の発言。

しかも彼らは20代の若者でなく
40代以上の立派な大人。





ありえない。





そういった発言に強い抵抗を感じながらも
はっきりと異議を唱えることもできない私。



そんな発言を聞いた時点で
「ああ、この人とは分かり合えそうにもないなぁ」
と自分の中で区切りをつけていて
議論をすることすら諦めてしまっている。


「あ、それあたし食べるから
残しといて!もったいないし~」
と言うことくらいしかできない。









ここ数年で
自分の中の”譲れないもの”や”大事なもの”が
とてもクリアになってきた。


まぁ、ひらたく言うと
頑固になったんだろうなぁと思う。



これまではわりと優柔不断というか
何でも受け入れてしまうタイプだった。


だから
いざ自分の価値観やこだわりがはっきりしてくると
自分の価値観をどこまで相手に伝えていいものか
そのバランスにすごく悩んでしまう。




書道を嗜んでいる母は
昔からカレーや肉など脂分の多い食事の後は
お皿を使用済みの半紙で拭いてから洗っていたし
揚げ物の油を切るのも使用済み半紙。
キッチンペーパーは家には置いていなくて
使うのはいつも布ぶきん。

トイレのタンクにはペットボトルが沈んでいたし
窓の掃除は雑巾と新聞紙。
洗濯物は絶対にお風呂の残り湯で洗っていた。


だから私にはそういう感覚が染み込んでる。


人によっては
「貧乏くさい、ケチくさい」
と受け止められるのかもしれないけれど
私はそんな母を誇りに思っているし
私にその感覚を植え付けてくれたことに感謝している。


だから自分にやり方を変えるつもりは毛頭ないし
この価値観に誇りを持ってる。


でも自分がそう思うから、正しいと思うからって
それを相手にえらそうに説く権利が
果たして自分にあるんだろうか。





・・・・とかそんなことを
悶々と考える日々。




みなさんはどう思いますか?



その気持ちわかる!って思うかなぁ。


それはあんたの独りよがりな押し付けでしょって思うかなぁ。


なんかこの人、一人で熱くなってんなぁって思うかなぁ。


あんた何様のつもりやねんって思うかなぁ。




正直な感想、教えてもらえるとうれしいです。

ひとりで考えてると悶々としちゃって。




あ、ちなみに
その後ふと

「デンマークの下水道はスーパーハイテクで
油もさっと分解しちゃうのかもしれない!
それだったらあたし、先生にめっちゃ失礼なことしちゃったけど
先生の行動が理解できる!」

と思って色々文献探してみたり
他のデンマーク人にリサーチしてみたりしたのですが
そんなハイテクはないとのこと。

むーん、残念。




Posted by izu
comment:27   trackback:0
[[デン生活・日々つらつら]
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。