旅だったり、日々のつぶやきだったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by izu
 
[スポンサー広告
死んだ街と、憤り
この日記はリアルタイムで更新したいので
トルコから一気にすっ飛ばしてシリアの日記を書くことにします。

今日はシリアとイスラエルの国境近くにある街
クネイトラに行って来ました。

クネイトラはゴラン高原の東麗にある街。

ゴラン高原とは日リア、ヨルダン、レバノン、イスラエルに囲まれており
その肥沃な土壌と水の豊かさが理由で常にイスラエルと
アラブ諸国の戦争の舞台になってきた土地なのです。

1967年のイスラエルによる占領からヨム・キプール戦争を経て
1974年のイスラエル撤退の際に爆撃されたのがこのクネイトラ。

イスラエルの残虐行為の記録であるとして
シリアは爆撃跡を修復することなく公開しているのだそう。

以上が私がクネイトラへ行く前に手にしていた情報。
ガイドブックに載っていたものです。

基本情報だけで
細かい情報は何も無い。

どういった経緯で戦争が起きたのか。
街が破壊されたときに一般人はまだ街に住んでいたのか。
”イスラエルの残虐行為”とはシリア側のみの理解ではなく
国際的にもそう捉えられているのか。

ネット環境が無く調べることもできず
まだ何もわからない。

でもとりあえず現地をこの目で見てみたい。
それからいろいろ調べてみよう。


そう思ってクネイトラを訪ねて来ました。

ダマスカスからクネイトラまではバスを乗り継いで2時間ほど。

今回はホテルに居合わせた日本人の男の子二人と一緒に行くことに。
私がクネイトラの話をしたところ
興味を持ってくれたのです。

クネイトラに行くのであれば
できるだけ誰かと一緒がいいなぁと思っていたのでうれしい同行者でした。

戦争の痕跡をまざまざと目にするには
私の心はまだまだ弱いから。


パスポートと許可証のチェックを受け
内務省の係員のガイドでクネイトラの町を歩くことに。


激しい銃撃を受けたクネイトラの病院


IMG_8617.jpg



壁はすっかり蜂の巣状態


IMG_8615.jpg


アラビア語と英語併記の看板


IMG_8616.jpg


ベオグラードで銃弾により蜂の巣のようになった建物を見たことはあったけれど
その建物の中に入るのは初めて。




ぺしゃんこになった家屋。


IMG_8618.jpg


言葉が出ない。




目に映る情景はとても冷たいのに
体に感じる太陽光線やこの街の空気は
なんだか温かくてピースフル。


IMG_8622.jpg



建物の中に駐在してる兵隊さんも
大きな銃を持ってとても強面だけれど
私がアラビア語で挨拶をすると
いつものシリアの人たちと同じ、あたたかいホスピタリティで
にっこりとうれしそうに挨拶を返してくれる。


もしかしたらこの人たちの家族や友人が
この攻撃で亡くなったのかもしれない。
そうじゃないのかもしれない。


この場所を多くの人が訪れて
見学していく姿を彼らはどんな思いで見つめているのだろう。




破壊された教会。


IMG_8635.jpg


建物内部は無残な姿


IMG_8632.jpg


内部に十字架は残っておらず扉に一箇所残るのみ。


IMG_8634.jpg


爆弾により天井が全て破壊されたモスク

IMG_8644.jpg


モスクから見える町並み

IMG_8640.jpg



平和な頃には
同じ街の中に教会とモスク.が共存していたのだ。


住居はぺしゃんこ
病院は蜂の巣なのに
教会とモスクは比較的ダメージが少ない。

後で聞いたところによると
イスラエル軍は教会とモスクには
ひどい攻撃を加えなかったそうだ。



同行していた男の子が
もう一人の男の子にこう言った。


「ねえねえ、がれきに佇む僕のかっこいい写真撮ってよ」


相手の男の子がカメラを向けると
彼は得意げにポーズを取る。


その後も彼はクネイトラの街中で

「おー、これはいい写真が撮れるわ!」

と言いながら破壊された街の中で
何枚も自分の写真を撮らせていた。


いい写真?
あなたのポートレートが?

この無残に破壊された街で?




あたしに誰かをジャッジする権利はない。
それはわかっている。

でも、あたしはそれを受け入れられるほど大人ではなくて。



彼の浮かれたテンションに合わせる気も全くなく
私は無言で歩きながらガイドのおじさんと軽い会話を交わすのみ。



そんな中、もう一人の男の子がぼそりと言った。


「泣きそうになっちゃうよ。この街見てたら」


彼は私と同じくそう感じてくれるんだ、とうれしく思っていたら
写真好きの男の子が答える。


「ほんと優しいよね~○○君は。女の子みたい。さすが乙女座!」




・・信じられない発言。





その後乗用車でシリア人家族らしき人たちが通り過ぎ
ガイドのおじさんに明るく挨拶をしていた。

それを見た乙女座の男の子が言った


「あんな見学の仕方もあるんだねぇ。
こんなにひどい戦争があったのに、ああして明るく生きてるんだ・・えらいね。」




すると写真好きの彼が言った。



「いやいや、あいつらなーんも考えてないだけだよ」



・・・・



もしかしたら私が想像しているよりもシリアの人々はタフで強く
この光景を見ても私のようなショックを受けていないのかもしれない。


でもそれは、戦争を経験していない私達が
軽く言っていい言葉ではない。

戦争を経験した本人だけが言っていい言葉だと思うのだ。

戦争も兵役もなく安全で物質的に恵まれた私達が
勝手に判断できることではない。





写真好きの彼は自分自身のことを
「世界旅行家」と謡い
これまでにも半年近くアジアを回り
そしてエジプトからトルコに向けて北上している旅人。

これまでに何を見てきたのだろう。

彼は私より3歳若いしこれらの発言や行動も照れ隠しで
ネタとしてやっているだけなのかもしれない。


でも、今の私にとっては到底受け入れられるものではなかった。


昨日一日いくらか会話を交わして
それなりに話が通じる人たちだと思っていた。

だから余計にショックだった。


でも私の意見を彼らに真剣に伝えられるほど
まだ信頼関係も築けていなかった。


私にできた唯一の意思表示は
二人に向かって

「○○君が乙女座で、本当に良かったよ。救われた」

と言うことだけだった。


大人気ないとは思うけれど
帰りのバスでも写真好きの彼とは話す気にもなれず
顔を見ることもできなかった。



旅をしていると本当にいろんな人たちに出会う。
地元の人、各国の旅人、日本からの旅人。

みんないろいろな目的や事情がある。

だから自分の尺度で誰かを批評したりすべきではないと思っている。

今日の日記も、私の私情による勝手なジャッジと意見だ。
こういった内容をウェブ上に載せていいものか悩んだ。

でも、今私が今日目にしたこの景色と
今感じているこの感情を
できるだけ沢山の人たちをシェアしたいと思ったのだ。


クネイトラのこと
戦争のこと
そして私が感じた憤り


無関心と想像力の欠如
それが悲劇を生む

いつもいつも、そう思う











ある程度の時間が経てば、この日記は編集するかもしれません。
でも今は、こうやって正直な心の内を吐露させてください。

 more...

スポンサーサイト
Posted by izu
comment:10   trackback:0
[[デン到着前・中東旅]シリア
サフランボル 地獄と天国

イスタンブールから夜行バスに乗り、早朝サフランボルに到着、

バスの中で日本人の短期旅行者の女の子と一緒になったので
連れ立ってオトガルから一緒にセルビスに乗って新市街へ。

サフランボルは新市街と旧市街に別れており
長距離バスは新市街側に到着します。


サフランボルは1994年に”サフランボル市街”として
世界文化遺産に登録された街。

サフランの花が多くあったことからこの名前が付いたと言われています。


・・というわけで新市街に突如現れるジャイアントサフランの花(笑

IMG_4456.jpg

いいセンスしてるわ。うん。


新市街から旧市街まではタクシーでも行けるけれど
予算ぎりぎり節約旅行者の私にはタクシーなんてとてもとてもー!

というわけでローカルミニバスを待ちます。
30分ほどで来るということだったのだけれど
外はとっても寒いのでミニバスを待っている間
イスタンブールから乗って来たバス会社のオフィスで待たせてもらうことに。

職員のおじさんは熱々のチャイ(トルコティー)をご馳走してくれ
おじさんはトルコ語しか話せないものの指差し会話帳を使ってきゃっきゃと会話。
気がついたら一時間半近くが経過・・・
30分って言ってたのになぁ。

長期旅行者の私はともかく
短期旅行者の彼女にとって時は金なり。

これ以上待っても来ないなら
貴重な時間を無駄にしないためにもタクシーを使ったほうがいいかも・・・
と思い始めた頃にオフィスのおじさんが外へ飛び出してゆき
一台のミニバスを止めてくれました。

ようやく旧市街へ向けて出発!
片道0.9リラ(約57円)です。

旧市街に向かう街並みはなだらかな丘陵に
レンガ色のかわいらしいお家がたくさん!

かわいいー!

テンションがあがりすぎて車窓に釘付け。
写真撮り忘れました。

そうこうしているうちにサフランボル旧市街に到着し、ミニバスを下車。
とりあえず宿を探して街を歩きます。

地図を見ながら歩きつつ、近くにいた地元のおじさんに宿の場所を聞くと
「こっちにおいでー」
と思っていたのと違う方向に。

あれー勘違いかなぁと思いつつ付いて行くと
どうやらおじさんの店らしき場所に。

げ。
何か売りつけられるのかしら。

と思っているとおじさんはおもむろに店の電話を掴み
電話を掛け始めた。

あ、なるほど。
宿の人を呼んでくれるのね。

疑っちゃった自分が恥ずかしい・・

「まぁまぁ、荷物降ろして座って待ちなよ。
もうすぐ宿の人間が迎えにくるから」

おじさんにそう言われて荷物を降ろす。
おじさんの店の目の前では朝市が開かれていて
色とりどりの野菜がたくさん。

写真を撮ろう、と思ってカメラを探す・・・





ない!





ない!





カメラが、というか
一眼レフからラップトップから周辺機器まで
ぜーんぶ入ったリュックが無い!





リュックごと、ミニバスの中に置いてきてしまったのです。





血の気がひくって、こういうことね。




ほーんと、さーーーっとひいた。




焦って、おじさんに話をすると
「まぁまぁ、落ち着いて。
宿の人間が英語ができるからきっとなんとかできるよ」
との答え。


もういてもたってもいられずそわそわしていると
宿のお兄さんがやってきた。

とっても人のよさそうな、おだやかなお兄さんで
英語もなかなか流暢だ。


お兄さんに事情を話す。
荷物をミニバスの中に置き忘れた。
おそらく長距離バスのオフィス職員のおじさんなら
ミニバス運転手が誰だったかを知っている。
なんとかそこから辿れないだろうか?
そう伝えると
「まぁ、落ち着いて。とりあえず宿に行こう」
とのこと。


軽く早足で宿に向かう。

宿に到着すると

「まぁ、まずはこれでも」
とお兄さんがチャイとお茶菓子を出してくれる。

IMG_4447.jpg

こちらがトルコのチャイ。
ストレートティーにたーっぷりお砂糖を入れて飲みます。
どこに行ってもおもてなしでこのチャイを出してくれるのがトルコ式。
3週間近いトルコ滞在中、一度たりともチャイを買ったことはありませんでした。
老若男女に関わらずいつもみんなおごってくれるのです。
さすが世界有数のホスピタリティーの国!

正直気が気でないのですが、とりあえずお兄さんの言うとおりにチャイを飲む。

するとお兄さんは長距離バスのオフィスに電話を掛けてくれた。

しかし、お兄さん曰く
「運転手が誰だったかは彼にもわからないんだ。だから手の打ちようが無いんだ。
新市街のミニバスターミナルに行って直接運転手を探してみるしかないね」


そっか、そりゃそうだよねえ。
運転手もたくさんいるし、
おじさんもあの時たまたま呼び止めただけで
運転手の顔もしっかりわからないよなあ・・・


私はこれまでの海外生活3年半の中で
運よく一度もスリや強盗にあったことはないのですが
貴重品を失くすのは実はコレが初めてではないのです。

2回目でもない。


・・・実は4回目だ。


1度目はペルー
2度目はコスタリカ
3度目はアルゼンチン


3回とも治安の悪い中南米。
そして3回とも現金の入った財布。



ところがどっこい。
ほんとに信じられないことだが
3回とも財布も現金も無事に帰ってきたのです。


毎回毎回
「世の中にはいい人もいるもんだわ!」
と感動するものの、学習しない私。

さすがに4度目はもうないだろう。
明らかに貴重品だし一眼レフとラップトップだし・・

幸い外付けHDだけは別の場所に入れて置いたので
データは全て無事。

ラップトップとカメラは買いなおせばいいから
なんとかなる。

そうは思うものの、自分のうっかり加減が悲しくなる。
いい加減学習しなきゃ・・・



とりあえず、落ち込むところまで落ち込んだので
気を取り直してお茶菓子を頂くことに。

反省するときには深く深く短く反省して
次回に生かすことが肝心だわ!

よし、甘いもの食べて元気充電!!



IMG_4449.jpg

これは、ロクムと呼ばれるサフランボル名物のお菓子。
コーンスターチと砂糖でできており、おもちのような食感。
ココナッツ入りだったり、ピスタチオ入りだったりいろいろ。

これが上品な甘さでけっこうおいしいのです。
チャイにも合うー!

サフランボルに来る時にはぜひお試しを。


ロクムに舌鼓を打ち、一息ついてから
ミニバスターミナルまで行くことに。


荷物を置いて、着替えを済ませ
いざ宿を出ようとすると・・・・


「ちょっと待って!」
とお兄さんが駆け下りてくる。

電話の最中のようだ。

「君の荷物が見つかったよ!」











えーーーーーーーーーーーーーー!1!!









なんてことーーーーーーー!







まさか見つかるとは!



だってだって、あんなに目立つよ?
どう見ても貴重品だよ?
いすの上に置き忘れたよ?
もう無くなってから数時間経つよ?


でも、見つかっちゃったのです。


なななな、なんて善良な人たちばっかりなんでしょう
サフランボルってば・・・


どうも長距離バスオフィスのおじさんがミニバスのおじさんを見つけ
声を掛けたところ、運転手のおじさんがすでに私の荷物に気づいていて
きちんと保管してくれていたとのこと。
それで長距離バスのおじさんが
電話をかけてきてくれたのです。


感動・・・・
みんな、こんなに奔走してくれて・・・

サフランボルlove!!

I SB Tシャツでも作ってしまいたい!

人が素敵な街って、やっぱり一番記憶に残るもの。


お兄さんにその運転手さんの名前を聞き、
早速新市街まで行くことに。

旧市街の広場でミニバスを待っていると
ものの5分ほどでミニバスが到着。
そのミニバスに乗り込むと・・・・


なんと運転手さん、朝の人じゃないですか!!


すると運転手さん、にやりとしながら運転手席脇の箱を開ける。
するとそこには私のリュックが!


涙目でリュックを受け取り、半狂乱で
「てしゃきゅるでりむー!」
(トルコ語でありがとう。ちなみに話それまずがこれまで覚えた言葉の中で覚えづらいありがとうランキングナンバーワンです。)
と叫ぶ私に運転手さんは

「ほらほらお嬢ちゃん、
ちゃんと全部無事にあるか中身チェックしてみなー」


もう、素敵すぎやしませんか・・・・
すぐパニックになる私にとっては
60歳近いその運転手さんがかっこよくて仕方ありませんでした。はい。

新市街に到着し、ありがとうありがとうと感謝を伝えて下車。
世界遺産の街並みはほとんど歩いていないものの
もう、サフランボル大好きになってしまった私。

こんな騒ぎをやらかしたくせに
「うっかりかましてよかった!おかげでトルコ人がまた好きになったわ!」
と自分のミスすら全肯定。


いや、でも次から気をつけます・・・



とりあえず、腹ごなしをしようと
ロクムの店でトルコ名物(というか中近東ではどこでもある)
バクラヴァを食べることに。
バクラヴァとは薄い生地の間に刻んだクルミ、ピスタチオ、ヘーゼルナッツ
アーモンドなどをはさみ、焼き上げてから濃いシロップをかけたもの。

IMG_4457.jpg


えっらい甘いんですが私はけっこう好き。
チャイとの相性も抜群です。

店に入って、バクラヴァを二つ、と注文し
値段を尋ねると・・・

「いいよータダで。サフランボルへようこそ!」





・・・・・もう、作るしかないっしょ
I SB Tシャツ!



























Posted by izu
comment:8   trackback:0
[[デン到着前・中東旅]トルコ

thema:トルコ旅行 - genre:旅行


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。