旅だったり、日々のつぶやきだったり。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by izu
 
[スポンサー広告
今までで一番ショックを受けた国かもしれない
みなさん、イスラエルってどんな国だっていうイメージがありますか?
パレスチナ問題ってどんなものだって思いますか?

恥ずかしながら私はこの国に来るまで
全然知識がなくて。

テロやらなんやらいろいろあって
なんだかきな臭いところ。

そういうイメージしかありませんでした。

パレスチナ問題?パレスチナ難民?
聞いたことはあるけれど何なのかよくわかってなかった。

私がここ数日間で収集したパレスチナ問題に関する情報を
とっても簡潔にまとめると以下のような感じ。

ちょっと長いけれど読んでもらえるとうれしいなぁ。


①中東にはおよそ2000年前、ユダヤ人の国があった。

②でも国が滅ぼされてユダヤ人は世界中にばらばらに散らばった。

③ユダヤ人がいなくなったこの地域にはアラブ人が住むようになり、やがてパレスチナと呼ばれるようになる。

④国を失ったユダヤ人は各地で差別を受けた。そこで自分たちの国を作ろうと世界中から大勢のユダヤ人が移り住み1948年、先祖が暮らしていた場所に国を作ったのがイスラエル。

⑤そもそもこのあたりは、第二次世界大戦前までは「パレスチナ」と呼ばれる土地でアラブ人が住んでいた。

⑥イギリスはトルコを倒す為アラブ系諸国の協力を得たかった。
 そこで「アラブ系諸国の独立を認めるよ」と言った。

⑦イギリスはさらにお金も必要だったので、世界でも有数のユダヤ系資産家ロスチャイルド家に
 「パレスチナにユダヤ人国家作るのを応援するよ」と言った。

⑧これが有名なイギリスの二枚舌外交(もしくは三枚舌)

⑨アラブ人が住んでいる所に突然ユダヤ人の国家ができると大混乱。
収集がつかなくなったので国連はパレスチナを、ユダヤ人の土地とアラブ人の土地に分けた。そしてエルサレムだけは両方の聖地なので国連が管理すると決めた。

⑩この案に納得しなかったユダヤ人とアラブ人たちは戦争になり、アラブ人の土地になっていた場所はイスラエルが占領。ユダヤ人軍事組織による大量虐殺(イスラエルの歴史学者イラン・パペによれば総計2千人~3千人が犠牲になった)、銃器による脅迫、また、ユダヤ人軍事組織による攻撃を恐れてて、難民となった。住みなれた土地を追い出されたアラブ人たちは、パレスチナから追い出された人たちなので、パレスチナと難民と呼ばれるようになる。

⑪イスラエルがもともとのパレスチナの土地を全部占領してしまったことに対してパレスチナ人たちの抵抗が続いた。世界の国々も、「パレスチナ人たちにも土地を与えるべきだ」と考えた。

⑫その結果イスラエルの当時の首相とPLO(パレスチナ解放機構)のリーダーのアラファト議長が話し合いガザ地区とヨルダン川西岸地区をパレスチナ人たちに渡してパレスチナの自治を認めた。この2つの地区をパレスチナ自治区と呼ぶ。

⑬しかしイスラエルの中には、「ヨルダン川西岸もユダヤ人の土地だ」と主張する勢力があり「すぐに全部返せ」というパレスチナ人と意見が合わない。

⑭話合いがいつまでもつかないことにしびれを切らしたパレスチナ人たちの中には、イスラエルの国民をねらって爆破事件を引き起こす者が出てくる。(日本語では”自爆テロ”と訳されるが本来は"Suicide bombing"つまり単純に”自爆”という意味)

⑮こうなるとイスラエルは「アラファト議長は、パレスチナ人のリーダーなのだから、こんな爆破事件が起きないように取り締まる責任があるのにそれを果たしていない。だったら、自分たちで自分の安全を守る」と言って、イスラエル軍をパレスチナ自治区に攻め込ませた。イスラエル軍は、爆破事件を起こすようなパレスチナ人を逮捕・殺害。

⑭国連は「イスラエル軍はパレスチナ自治区から出ていくべきだ」と決議しているがイスラエルはその決議を無視。

⑮そんな中「イスラエルは絶対認めない」という、パレスチナ人のグループ”ハマス”が台頭。

⑯ハマスというのは、アラビア語で“情熱”という意味。イスラエルに対して、爆弾テロを繰り返している。

⑰ハマスはパレスチナ人のために学校や病院をつくったり、貧しい人を助けたりする活動もするので、
とても人気がある。そのハマスがガザ地区を支配して、自分たちの政治を進めるようになる。

⑱そこで、ハマスを認めないイスラエルはガザ地区に通じる道路を封鎖して、人やモノが通れないようにした。食糧や薬が届かなくなりガザ地区の人たちの生活は苦しくなるばかり。

⑲そして2008年12月、ハマスがロケット弾でイスラエルを攻撃したことをきっかけに、イスラエルがガ
ザ地区の攻撃を始めた。イスラエルとハマスの戦力差は天と地。イスラエルにはアメリカ特注のたくさ
んの銃器がある。(アメリカはいつもイスラエルの味方。イスラエルに住むユダヤ人は380万人、アメリカに住むユダヤ人は400万人。アメリカ上層部をユダヤ人が多く占めている)初めは空襲のみだったがイスラエルは地上戦を開始。

⑲イスラエルは、ハマスを攻撃していると主張するが狭い地域にたくさんの人が暮らすガザ地区、
死亡者は700人を超えそのうち200人以上が子供。

⑳「ハマスもよくないけど、イスラエルはやりすぎだ」という批判が、世界中で高まっている。
そして現在もガザ地区への攻撃と兵糧攻めは続いている。

私の主観は入れないように
事実だけを伝えられるようにしてみたんだけれど
この情報だけ見るとイスラエルが悪者みたいに聞こえますよね?

果たしてそれが本当なのかどうか。
それをこの目で見てみたかったのです。

イスラエルに来たのは
それが一番の目的。

今回はとりあえずパレスチナ問題の概要だけにして
実際に見たイスラエルとパレスチナについては、また次回。

いろいろと考え込んでいてまだまとまっていないけれど
とりあえず今まで訪れた国の中で
一番衝撃を受けた国となったのは確かです。

スポンサーサイト
Posted by izu
comment:4   trackback:0
[[デン到着前・中東旅]イスラエル
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。